こんな症状には要注意!
ホーム > こんな症状には要注意!

こんな症状には要注意!

シーリング工事

ビル、マンション住戸の外壁をよく見ると建物の部材と部材の接合部の目地や建物の窓ガラスやサッシの周囲に
シーリング材(ゴム状のもの)が充填されています。
このゴム状の物が時間の経過とともに傷んでくると
シーリング材に亀裂や剥がれの症状が起こります。

そのまま放置していると、雨漏りの原因になります。
定期的な改修をお勧めいたします。

外壁補修工事

外壁モルタルやタイルは年中雨風にさらされています。
どんな建物でも時間の経過と共に劣化します。
傷みがひどくなると、ひび割れや欠損剥離(モルタルの
剥がれ)塗装の剥がれ(塗膜の浮き)の症状が出てきます。

そのままにしておくと、中に水が浸入して内側の鉄部を錆びつかせてしまいます。
定期的に改修いたしましょう。

防水工事

バルコニー(ベランダ)床のひび割れや防水層の剥がれなどをそのまま放置しておくと建物の基礎部分に水が入り込み
手遅れになると雨漏りの原因になります。

そうなる前に、症状を見つけたら当社にご相談ください。

 

塗装工事

外壁塗装は年月とともに劣化しています。
外壁は10年が塗り替えの目安です。
保護機能が弱まってくると、 ひび割れや
塗装の剥がれの原因になります。

そのまま放置しておくと、傷みはモルタル内部まで
及びます。定期的な塗り替えが必要です。

施工事例

携帯サイト


    QRコードを読み取って簡単アクセス